1.空き家には税金が課せられる

空き家は毎年固定資産税や都市計画税が課せられます。

何も知らずに親から物件を相続して、税金に悩まされている方がいらっしゃいます。
また、中高年の方々で、物件の将来の取り扱いに悩まれてる方も多くいらっしゃいます。

2.空き家に課せられる税金額

不動産に課される税金は、「固定資産税:評価額×1.4%+都市計画税:評価額×0.3%」によって算出されます。

区分固定資産税登録免許税
不動産の税率評価額×1.4%評価額×0.3%

住宅用地に関しては、減額特例が設定されています。

区分固定資産税登録免許税
小規模住宅用地(200m2以下の部分)評価額×1.4%×1/6評価額×0.3%×1/3
一般住宅用地(200m2を超える部分)評価額×1.4%×1/3評価額×0.3%×2/3

例えば面積が200m2で、評価額が900万円の宅地の場合、税金額は以下のようになります。

空き家を解体すると、解体工事費だけではなく、減額特例が適用されなくなります。
そのため、取り壊されない空き家が社会問題となっています。

ただし、空き家の有効活用には労力を伴いますので、「今すぐ解体したい」という方は、以下サイトでプロが業者を選定してくれるので、こちらのご利用もご一考ください。「解体せずに有効活用したい」のであれば、下部の申込みフォームからお申し込みください。


3.「特定空き家指定」を受けると固定資産税は6倍に

全国的に空き家が増えることによって、周囲の生活環境が悪化するだけでなく、家屋の崩壊や火災などのリスクが高まります。そもため、平成27年に「空き家等対策の推進に関する特別措置法」が施行され、空き家への対策が強化されることとなりました。

具体的には、以下のように管理状態が不十分な空き家は「特定空き家」として指定されます。

特定空き家の宅地は固定資産税や都市計画税の計算上、住宅用地特例の対象から除外されることとなり、その結果、翌年以降の固定資産税等は大幅に増加します。

自治体からの「改善の助言・指導」を放置すると、「命令」に切り替わり、従わない場合には50万円以下の罰金が科されます。そして、最終的には自治体が空き家を取り壊し、その取壊費用を所有者に請求する「行政代執行」に移行します。

このような事態を回避するため、当社は空き家の「買い取り」や「リフォーム・貸付の斡旋」を行います。

当社の強み・メリット

「空き家の売却」「リノベーションして借手獲得」どちらもご対応します!

売却までの流れ

STEP1
相談
STEP2
調査・査定
STEP3
打ち合わせ
STEP4
引き渡し
STEP5
契約・支払
売却希望物件に関する情報を弊社に連絡。現地調査・査定。場合によっては省略。買取金額やスケジュール提示家財の処分や諸手続き契約・入金・引渡を同時に実行

リフォーム・借手獲得までの流れ

STEP1
相談
STEP2
調査・査定
STEP3
打ち合わせ
STEP4
契約・リフォーム・貸付斡旋
STEP5
家賃収入獲得・支払
リフォーム・借手獲得希望物件に関する情報を弊社に連絡。現地調査・戦略立案リフォームや賃貸金額を相談契約締結後、リフォームを実施し、借手を獲得家賃収入獲得
一部を弊社にお支払い

まずはお気軽にご相談ください

例)山田 太郎
例)ヤマダ タロウ
例)examle@gmail.com
090-5373-7487
※複数選択可
例)https://examle.com ※ある場合のみ記載で構いません
例)「固定資産税の支払いに困っており速く手放したい空き家がある」「所有している空き家の活用方法を相談したい」「補助金を活用して空き家やリ老朽化したホテル・旅館の改築や設備投資を行いたい」など

代表直通電話:090-9390-7861
「ホームページを見て、空き家について相談したい」とお伝えいただくと、話がスムーズに進みます。