【無料】サラリーマンはレバリッジの効く不動産投資を始めよう

投資の中で最も堅実なのが不動産投資です。
当社も数棟のアパートを所有しており、放置したままでも正のキャッシュフローとなっています。

不動産投資は『事業』として認められるため、株式投資や仮想通貨(暗号通貨)と異なり、銀行の融資が得られます。レバリッジを掛けて大きな収益を得ることが可能です。

社会的な信用力の高いサラリーマンは銀行の融資が得やすいため、不動産投資に最適と言えます。しかし、安定を好む傾向にあり、手を出さない方が大半かと思います。非常に勿体ないので、まず、資料請求や無料セミナーに参加して概要を理解し、行動することから始めてみましょう。

無料セミナー



無料資料請求

概要を理解した後は、「健美家」や「楽待」で物件相場やマナーを把握することを始めましょう。これらをしらなければ、不動産オーナーや仲介業者とスムーズに交渉することができません。

注意点は以下3点です。

  • 銀行が融資を認めるのは「返済能力があるから」であって、「投資の収益性が良好だから」ではない。
  • サブリース契約はオーナーの権限が弱いため、家賃下落のリスクが大きい。”家賃保証”があっても、不動産会社から「家賃を下げなければ借手がつかない。下げないなら客付けもしない」と言った要求を受けることがある。
  • 区分マンションは空室リスクが極めて高いのでオススメしない。新築だと買った瞬間に中古となって、通常2割価値減少するため尚更オススメしない。(※成功されている方もいらっしゃるので、100%不可能と言ってるわけではありません)

しっかりと学び、安定した不労所得を獲得しましょう。
給与所得以外の収入を獲得すると、心にゆとりが生まれ、サラリーマンとしてのパフォーマンスも向上すると思います。

既に不動産投資を始めおられ、負のキャッシュフローに悩まれている方は、「リノベーションして客付け」や「売却して損切り」も選択肢です。ぜひ当社にご相談ください。

リノベーションで客付け

物件の無料査定・売却

ご相談はこちら

例)山田 太郎
例)ヤマダ タロウ
例)examle@gmail.com
090-5373-7487
※複数選択可
例)https://examle.com
例)「助成金や補助金を活用して、創業資金に充てたい」「ホームページやプロモ動画を制作して、広告運用をお願いしたい」